読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねことわたしとITと

技術系で興味のある事をお勉強がてらアウトプットしていきたいという願望

【スポンサーリンク】

ポケモン20周年を機に再び冒険に旅立った話

さた(@nuko_me)です。今回はさたさんにとって特別な作品について語ります。

ポケモン20周年

www.youtube.com


さたさんがポケモンに出会ったのはよく覚えていないけども3歳くらいだったかなあと思います。
歳の離れた姉がいるんですけれども、当時小学生の姉がゲームを遊んでいたりアニメ見ていたのがきっかけだったかな。

ゲームから入ったかアニメから入ったか、おぼろげだけれども初めて遊んだポケモンピカチュウバージョンでした。
ピカチュウをパートナーにマサラタウンを飛び出すけれども所詮当時3~4歳の女の子にはタイプ相性など難しくニビジムでタケシのイワークに倒されるのが落ちなのです。
というわけで初代はクリア出来た試しがありません。さたさんの記憶はイワークにやられて「ちゃあああぁぁぁぁぁぁ」って悲鳴を上げるピカチュウの鳴き声が残ってます。
気付いたら姉がクリアしてました。

それから幼稚園に入ると金・銀が出ます。文字が早くから読めたさたさんは攻略本を買ってもらったりして頑張って自力でクリアしました。
そしてクリスタルも発売されると友達と通信でバトルをしたり、カイリューを育ててレベル100まで育て上げたりと段々極め始めてきました。

小学校に入ると今度はルビー・サファイアが出ます。この頃にもなると学校での友達との会話はポケモン尽くし。ミロカロスを初めて見たさたさんは友達に「どうやったら手に入れる事が出来るの!?」と質問攻めしまくってました。
育成もバトルもコンテストも捕獲も極め出したのがこの頃です。
部門のマスターランククリアとかコンテストは特に極めました。捕獲についても各ポケモンボックスにNoを振って♂♀両方手に入れたりとか。
それでも厳選とか知らなかったので純粋に遊べていたのはここまでだった気がします。
エメラルドもバトルフロンティアにのめり込みました。ほんと大好きでしたバトルフロンティア。もう一度遊びたい施設です。

そして初代のリメイクであるファイアレッドリーフグリーンも発売されます。ピカチュウバージョンのトラウマもあってヒトカゲを選んださたさんはタイプ愛称におびえるんですがこの頃になるとヒトカゲリザードに進化さえすればメタルクローを覚えるんですよね。
メタルクローのおかげでニビジム楽勝でした。鋼タイプ万歳でした。

中学校に入ると今度はダイヤモンド・パールが出ます。この頃になるとインターネットの力で厳選を知ってしまいます。
厳選・努力値・・・毎日のように廃人ロードを走ってはタマゴを孵化して3Vあたりが生まれると努力値を振るという生活をしていました。
小学校まではバトルタワーとかだとよくて20連勝どまりだったのが厳選・努力値を始めたら70連勝近くまで上がったのもやる気の一つでしたよね。そういえば大会にも出たりしていました、初戦トーナメント敗退でしたけどね。

高校生に入るとブラック・ホワイトです。当時のアルバイト先で店長がポケモン始めたのをきっかけにみんなで遊んでました。
厳選にも手馴れてきていてガチパを作ったものです。

そして金・銀のリメイクであるハートゴールドソウルシルバーも発売されます。
この頃もガチでやり込んでいたしカントージョウトの行き来が好きすぎて・・・2つの地方を巡れるのはいいなあと思ったものです。

大学生ではブラック2・ホワイト2ですが、入学当時は友達とガチパ同士で対戦したりしてたんですがこの頃から余裕がなくなってきて厳選とか育成がおろそかになってきます。
そしてX・Yも出て遊ぶは遊ぶんですがやり込みまではいきません。
その後待ちに待ったルビー・サファイアのリメイクであるオメガルビーアルファサファイアも出ましたがストーリーをゴリゴリ楽しんだ後いざやり込みってなると時間が無くて断念してしまったり。
いや、やりたいんですよコンテストも。まだ遊べてないんですよコンテスト。

というわけでガチプレイヤーに育ったはいいものの今では忙しくてやり込めずにストーリークリアが精いっぱいだったりするさたさん。
そんなさたさんにも再びマサラタウンから旅に出る時がやってきました。

初代バーチャルコンソール発売!

www.pokemon.co.jp









というわけで昨日買ってきました。とりあえず赤と初プレイ作品であるピカチュウを。ちなみに特別版です。

赤は開封するとこんな感じ。マグネットはカセットサイズを期待していたけども思ったよりぺらくて若干残念だったのは内緒。ただ説明書風シールとかもうなつかしさがやばいです。

ピカチュウ版です。うううう懐かしいよおおおおおおお。このパッケージを姉が親に買ってもらうのを眺めてた記憶があります・・・。

そしてこの2パッケージ両方に入ってるのが・・・

ハイ!これ!タウンマップ!!
うん持ってた!持ってた懐かしいよ!!うわあああああああ!

というわけでパッケージを十分懐かしんだ後、実際にダウンロードしてプレイしました。
あ、今日までにダウンロードするとX・Y・オメガルビーアルファサファイアでミュウをGET出来るシリアルコードを手に入れる事が出来ますよ。

赤を遊んでみた

f:id:sata0804:20160228164108j:plain

懐かしのOPを楽しんだ後懐かしのTOP画面が出てきます。といってもさたさん赤は初プレイなんですが。
とりあえずおかあさんに話しかけると研究所でオーキド博士が待ってるわと言われて行ってみたんですけど居なかったんで草むらに入ったら迎えに来てくれましたオーキド博士
ちなみに屋内でも屋外でも走れないことにうおおおおおってなりました。

f:id:sata0804:20160228164305j:plain

そしてヒトカゲを選択しました。主人公名は無難にレッドさんにしました。ヒトカゲにもニックネームを付けずそのまま。
ピカチュウ版ではバリバリ主人公にさたって名前を付けてニックネームもポケットモンスターSPECIAL並みにつけたいと思います。

f:id:sata0804:20160228164415j:plain

まあ当然ながらライバルのグリーンさんにバトルを仕掛けられます。
いつも思うんですけどこの最初のバトルってひっかくとかたいあたりとかのゴリ押ししかないよねって。
にらみつけるとかで防御を減らしてっていう技もあるけどもダメージ受けたら終わりなので・・・というわけでゴリ押しです。

f:id:sata0804:20160228164608j:plain

さて、バトルが終わったらオーキド博士が最初の目的を思い出してポケモン図鑑をくれました。
ここからレッド君の最強ポケモントレーナーを目指した旅が始まるのです。

f:id:sata0804:20160228164711j:plain

なおグリーン君から別れ際に「姉ちゃんからタウンマップもらうけどもお前にはあげないように言っとくわ☆」って言われるけども行ったらナナミお姉ちゃんくれました。ありがとうナナミお姉ちゃん。

f:id:sata0804:20160228164815j:plain

というわけで現在のパーティ。Miiversでスクショ撮りながらだと大分時間掛かるのね・・・。
ちゃんとクリア出来るように積まないように進めていきたいと思います。
ピカチュウは赤クリアしたらやるぞー!